So-net無料ブログ作成

買うかどうか悩ましい日本取引所 [株式投資]

3月決算の日本取引所グループ(JPX:8697)については2年連続クロスで取得していて、今回は3000円分のクオカードを一般信用で取得できかなりお得でして、しかも制度にしたとしても、逆日歩0円だったんで、来年もクロスで取りたいと思っていたんですよね。

取引3.jpg
クオカードは汎用品です



それが、5月になって優待改悪を発表しまして。長期保有優遇にしたんですよね。
これまで通りの3000円のクオカードもらうには、2年以上保有の条件が付されました。

取引1.jpg



昨年3月に同じくクロスした、5000円のクオカードをもらえた全国保証(7164)と似たような趣旨で、改悪されてしまいました。
まあ、おいしいクロスなんで、それ対策であることは間違いないと。


ただ、同社はなんといっても取引所そのものですから、株式投資を行う人を増やしたいとの考えもあるんでしょう、救済措置を合わせて発表したんですよね。

取引2.jpg



まあ、簡単に言えば、来月9月末権利時点で株を保有し、そのまま継続すれば、2018年3月や2019年3月の優待は今まで通り3000円のクオカードをあげますよ~ていうことなんですけど。


こういう措置を取るところはあまり記憶にないんですよ。当方の知っている限りですが・・
似たような改悪で、何にも配慮がなかった銘柄として、明光ネットワークジャパン(4668)、パルコ(8251)が記憶に残っています!

いずれの株も持っていたんですが貸し株に出していたんで、長期優遇を受けられないということだったんで、ムカついて売ってしまいました。

そういう意味では、さすが、取引所って感じで個人株主のことを考えていますね。
それと、3年以上保有すると今までの3000円分ではなくて、4000円分に増やしているんですよね。
長期保有するのなら魅力大きいなーと。


そこで、当方としてはここの株を買うかどうか、もうすでに1か月以上悩んでいます。

今の2000円程度の株価だと、PER24倍台、PBR4倍台、年間配当48円、もし、優待が4000円相当になると考えると配当優待利回りは、4%超えているんですよね。
結構魅力的で、普通の企業だと買うか!ってなるんですけど・・

ここって、もろに相場環境に直撃されます・・よね。その証拠に、アベノミクス前は今の1/4程度の株価でした。
また、現株価の2000円程度は最高株価付近でして、これを突き抜けるには結構きついのかなという気もするんですよ・・PER24倍ですし・・・。
さらに、安倍政権交代リスクもあり、その場合、株式市場そのものが冷え込む可能性も高いですし・・


そんなこんな理由でまあ、こういう風に思う個人投資家は多いのではないでしょうか?
だからこそ、同社としては長期保有優遇を新設して、息長く株主でいる方を多く欲しいということなんだと思いますけどね・・


ということで、9月末権利まであと1か月半、投資するかまだまだ悩みが続きそうです・・

なお、ここって株主通信みたいなものは送ってこないようです。そこはちょっと残念ですね。
なので、写真がほとんどありませんので、悪しからず・・。


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。