So-net無料ブログ作成
検索選択

0円携帯廃止や格安スマホの影響で低迷のティーガイア [株式投資]

3月決算のティーガイア(3738)は、今回初めてクロスで取得したんですけど、ここって、優待が3000円のクオカードでして、制度クロスの逆日歩も165円で、非常においしいクロスでした。

ティー1.jpg



とはいえ、当方はこの企業のことは全く知らず、単純にクオカード3000円もらえる!と思ってクロスしたんで、6月末になって優待品や株主通信が届いても、後で見ようかと思ってほっておいたんですよね。

そしたら、8月4日の日経オンラインで、格安スマホへの顧客流出に関する記事(有料会員情報です)があって、読んでいたら、ケータイショップ最大手ティーガイアの社長っていうことで出てきたんですよね。

それで、思い出したように株主通信を読んだりしまして、やっとここの企業を知ることができて、今回アップすることにしました。




先日ブログアップしたキタムラ(2719)の業績低迷の理由も0円携帯販売が総務省の指導でやめるようになって、スマホなどの販売が減少したのが大きな原因でしたが、ティーガイアもかなりの影響を受けたようです。

ティー2.jpg
今期は増収増益を見込んでいるんですけど・・



8月1日に第一四半期の決算を報告したんですが、減益でして翌日の株価は10%ぐらい下がって、以降も低迷しています。
前期までの決算もあまりよくないものでした。

ティー5.jpg



0円携帯販売中止だけでなく、格安スマホ増の影響も大きいようですね。
同社は大手キャリア3社のみならず、ワイモバイル・UQモバイル・楽天モバイルのショップも経営しているんですけど、店舗数も少ないし格安スマホのショップではあまり利益はつながらないでしょうし。・・

ティー3.jpg



まあ、KDDIが格安スマホ対策で低料金プランを出したくらいですから、この傾向はずっと続くだろうと思いますよね。



同社の事業は、ケータイショップだけではありません。
プリペイドのギフトカードの仕組みを販売しているようで、それが全体の売上や利益の1割程度あるとのことです。

ティー4.jpg


とはいえ、こちらも業績は縮小傾向にあります。



同社のPERは15倍半ば、PBRは3倍台後半、となっています。ただ、予想配当は55円と3%もあって、さらにクオカード3000円の優待もあるんで、配当優待利回りは4%超えているんですよ。

なので、指標を見れば投資してもいいかなというレベルなんですけど、やはり今後のケータイショップの運営が厳しいのを考えると減配や優待廃止の可能性もあり、様子見ですかねーと思ってしまいます。


でも、なんか結構興味が沸いた銘柄でした。今後も株価は見ていきたいと思っています・・。
少なくとも優待が継続していれば、来年3月にまたクロスで取得したいですね。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。