So-net無料ブログ作成

遊園地も経営していた好調な日本ビューホテル [株式投資]

3月決算銘柄のアップがまだまだ残っている状況ですが、4月以降の銘柄も続々と届いているんで、新規取得銘柄中心に適宜、アップしていきたいと思っています。

4月決算銘柄の日本ビューホテル(6097)は、制度クロスで初めて取得したんですが、この4月の制度クロスは悲惨でして、ここも逆日歩が1020円! 
優待は2000円の同社利用券なんで、手数料も考えるとあまり利益はないものでした。

ビュー7.jpg



この優待券は、日本各地のビューホテルの直営レストラン、宿泊費と表題にした、ここが経営している「那須りんどう湖LAKE VIEW」(遊園地)の入園料や中のレストランで使用できるとのことです。

ビュー6.jpg



ただ、なんで500円券×4枚なんですかね?
宿泊費やレストランでの利用メインで考えれば1000円券で十分なのではないかと思うんで、ちょっと不思議に思いました。。。


ビューホテルは、東京には浅草か両国しかないので、そっちのほうに行った際に使用するか、メルカリで売るしかないんですけど、メルカリの相場は高くても1400円程度。
手数料や送料も考えると、完全に元手より持ち出しなんで、やはりビューホテルに行って利用したほうがいいと思っています。



同社の経営は順調です。インバウンドの需要をしっかり取り込んでいるようです。

ビュー5.jpg

ビュー4.jpg



また、同社の基幹ホテルである「浅草ビューホテル」の婚礼・宴会・レストラン部門でも増収になったとのことで、その好調さに目を引きました。

さらに、高崎のホテルを今年末で閉鎖するとともに、札幌に本年開業、大阪に来年開業と、拡大基調を続けるとともに、賃借形態によるホテル・旅館(つまり、運営権だけですね)経営施設を毎年増やし、2027年までに20施設まで増加させる計画となっています。

ビュー1.jpg

ビュー3.jpg



賃借形態による宿泊施設経営というのはいい傾向だと思います。所有を分離することによって、リスクが減らせますけど、最初の契約形態が後に禍根を残す内容にならないよう細心の注意が必要でしょうね。


なお、遊園地経営は収益的には、まだまだのようで、営業赤字だそうです。
なぜ、同社が遊園地を経営しているか不思議に思ったんで、同社のHPで見たら、ここって那須が発祥の地で、そこで、ホテルとりんどう湖ファミリー牧場を開業したのが同社の始まりということがわかりました。

那須といえば、当方が持っている日本駐車場開発(2353)が、那須ハイランドパークを経営譲渡されてから改善させ収益に結び付けていますので、もしかしたら同社に売却とかするかもしれません・・


現在の株価は、約1400円、PERは111倍でして、これはかなり今期の投資負担が重いためで、売り上げも伸びる予定であることを考えると、そんなに悲観する必要はなさそうです。PBRも1倍程度ですし。

ただ、配当は22円、優待は2000円ですから、今の株価だと、せいぜい、3%程度なんで、投資するのには高いかなと思いますし、あと、ホテルが行動圏内にない・・というのが・・。

ビュー2.jpg
直営ホテルの一部リスト



ということで投資は考えずに、まずは、浅草か両国のビューホテル行って、優待使用したいと思います。



nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: