So-net無料ブログ作成
株式投資 ブログトップ
前の10件 | -

丸善CHIは図書館業務に注力中だけど・・ [株式投資]

7月権利の丸善CHIHD(3159)の優待などが届きました。
優待は、同社の書店で使用できる1000円分の商品券です。

ま4.jpg



ここは、初めての取得でして、制度クロスでした。
逆日歩はまさかの55円でして。ここって、毎年逆日歩高いんですよね。昨年1200円だったんで、それだと赤字だったんですが、今回はラッキーでした。


優待自体は特に書くことは、有効期限が1年間ちょっとで、来年11月末までってことだけかな。
以前は期間無制限の商品券だったらしんですが、その方が転売しやすいからやめたんですかね。まあ、1000円ですのでどうでもいいかなってことで・・。



さて、同社ですが、株価は350円前後、PERは約35倍、PBR約0.9倍、配当なしという銘柄です。
この3年間、300円から400円前半を行ったり来たりで、配当もないことから、投資しにくいですよね~。

優待は1年で1回、1000円分のみですが、優待利回りは3%弱になるんで、それを見込んで保有するというのはありますけどね・・


肝心の業績ですが、ここ数年の売り上げの伸びはいまいちでして、利益も急激に伸びているというのはないですね。
同社は1月決算ですが、今期の第二四半期までは増収減益で、今期最終も売り上げ・経常利益は増収減益の見込みです。(営業利益は増益見込み)

ま3.jpg




メインが書籍販売ですから、この時代は難しいですよね。文具販売など多角化を図っているようですが・・。

ま.jpg



当方もすっかり本を買わなくなりました。
もらった優待券も何に使うかもまだ決めてません。まあ、メルカリで売るっていうのもどうかという金額なんで使用すると思いますが・・


株主通信を見て初めて知ったんですが、ここって図書館業務をかなり受託しています。
すでに1200以上の公立や大学の図書館を運営してるようです。

ま2.jpg



この業務は競争力がありそうです。前期も売り上げは約10%の伸びでした。
経営陣もこの業務には注力していくそうですが、利益率は書籍販売よりも低いようなので、当面の利益貢献はなかなか難しいのかもしれません。


ということは、この企業の成長性と言う点ではやっぱり難しいかなと思ってしまいます。
ただ、大日本印刷が53%の株式を持つ子会社なんですね。なので、さすがに倒産は考えにくいかもしれません。

ま1.jpg



7月権利と言う銘柄なので、また来年も取るかもしれませんが、大日本印刷の子会社という点をプラスしても敢えて保有するまではなーと思ってしまいます。
この会社の書店である丸善やジュンク堂って普段は利用していないっていうこともあって。

優待が図書カードやクオカードならば他の書店でも使用できるのに・・、やっぱり投資は無理かなぁと…そんな感じですね〜〜。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

クロス対策で優待改悪した新晃工業はどうしよう? [株式投資]

3月決算・権利銘柄である新晃工業(6458)は、昨年まで2年連続アップしたので、今年はアップすることもなくなっていたんですが・・・。

9月20日に優待変更のIRがあったんですよね。
改悪でした。
単純なクロス対策でしょう。1年以上保有者にしか、今までの3000円相当のカタログ優待が届かなくなりました(泣)

しん2.jpg



当方は、他の銘柄と同様、貸し株に出していまして、今回の改悪の被害をもろに被ることになりました・・・。
貸し株対象者への救済があってもいいのではないかと思うんですが・・もう2年以上持っているんですけどね。

1年未満でも優待はあるんですが、1000円の図書カードなんですよね。
2000円も下がってしまいます・・。


ということで、ここをどうするか悩んでいます。


今回のIR発表後に、ムカつきながら選択した、カタログ優待の中にある「陳健一 四川名菜中華セット」です。

しん3.jpg

713B1267-61EF-483E-B45A-608DAAF75A2F.jpeg

9AB2D5C0-469E-40C5-81B3-3D467B0CD971.jpeg



これが先週来たんで、やっと食べたんですが、まあ、普通の餃子、肉まんでして、3000円相当にしては・・という感じなんですよね。

ここは2年前に初めて優待をもらっていますけど、自分の評価は高くはなく、どうしても欲しい優待ではないんですよ・・・。


だからなんですが、今回のIRによって改めてここを今後も保有するか考えるようになりました。

同社の業績は、前期は減収減益なんです。

しん1.jpg




同社の事業は、ビルの冷暖房機器などのセントラル空調設備がメインですが、前期は、国内および海外で唯一展開している中国での業績が前年割れの不振だったようです。

今期は5%程度の増収増益予想ですが、第一四半期は10%減収で、40%減益でした。
さすがに通期予想は変更していませんが、11月に発表される第二四半期決算では下方修正もあるかもしれないという状況です。


とはいえ、同社の指標を見ると、PER約12倍、PBR約1.4倍でして、配当は36円なので利回りとしては、約2%でして、優待の3000円を足すと配当優待利回りは4%弱まで上がります・・


株価も、この1か月は1800円前後をうろちょろしている感じでして、指標は割安なんですが、やはり下方修正の可能性を考えて買いづらいのではないかと。そんな状況ですね。


ということで、指標は割安でも下方修正の可能性があるんでは、まだまだよくわからない!という感じでしょうか。

とりあえずは来月発表の第二四半期の決算状況とその後の株価推移を見て、できたら売る方向で考えたいなーと思うようになっています。

優待が魅力ないと、保有するモチベーションが低くなってしまうのは仕方ないですよね~~!?

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

体操の白井健三選手と契約したサニーサイドアップ [株式投資]

サニーサイドアップ(2180)は、6月決算、権利銘柄でして、優待は昨年もアップしたとおり、「世界一の朝食」と言われている「bills」の2人分の食事券です。

さに4.jpg



優待については、5月のブログに「銀座bills」の体験記を書きましたので、改めて詳しくは書きませんけど、銀座店で使用すれば、総額6000円程度の価値はありますので、今の株価(800円台前半)であれば、お得な優待銘柄の1つではないかと思いますね。


さて、肝心の業績の方ですが、前期は最終的に増益でした。

さに3.jpg



最終的にというのは、当初は減益予想だったんですよね。
それで株価も低迷していたのですが、業績が改善傾向になって株価も上がるようになりました。

6月決算前の5月末日で1:2の株式分割を発表して、株価も一時期900円を超えるような位置まで上昇しました。

というのが前期の流れだったんですが、今期の6月権利日を過ぎると急落し、800円台半ば程度でゆらゆらしています。

まあ、前期までのことはいいんですが、今期は、決算短信読むと、売上と営業利益はかなりアップするようでして、ただ、経常利益ベースでいけば減益になるそうです。


増益の要因は、2020年に向けてスポーツ事業が拡大するとともに、billsの海外事業の収益が見込まれるとのことでした。
今期は、きちんと最初から増益予想なんで、今回は信用できますかね(笑)


ここは、もともとの事業であるPR事業がメインで、スポーツ事業などのシェアは低かったんですが、ここ2年は、PR事業の受注は伸び悩むけど、スポーツ事業やbills事業の拡大で業績が伸びるようになってきています。

さに2.jpg



特にbills事業は、前期実績で売上41億円と前々期より10億円も増やし、同社の増収増益のけん引役になったようです。

さに5.jpg
これはIRの決算説明会の資料です



billsは「引く手あまた」だそうですけど、ブランド価値を維持するため、一等地と海外しか出店しないようで、そういう意味では急拡大はなさそうですね。


ということで、今の株価での指標は、PERが約19倍、PBR約4倍程度ですが、この程度の評価はある意味妥当かもしれません。

昨年から今年にかけて急騰し、約2倍になっていることもあり、当分は急騰はなさそうですね。

とはいえ、スポーツ事業も含めて業績は少しづつでも拡大していく可能性は十分あるので、保有する意味は十分あるかと思えます。


ちなみに、スポーツ事業では、この8月下旬に、今週の世界体操で金メダル!を取った、内村選手の後継者となる?白井健三選手と広告出演のマネジメント契約を交わしたようです。

さに1.jpg



利益的には大したことないとしても、こういうのは大事ですよね。グッドニュースだったんで、記載させていただきました。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

第一四半期増収減益で急落したクリエイトSD [株式投資]

先週に引き続きドラッグストア業界の銘柄ですが、ご容赦を(^^)
クリエイトSDHD(3148)は5月権利・決算銘柄ですが、実際の優待が届くのは9月末になりますので、この時期にアップです。

く4.jpg



ここは実は初めてのブログアップですが、既に3年連続クロスで取得しています。
SBIの一般信用もあるんですが、制度クロスでの逆日歩は、今年は150円でしたけど、昨年も一昨年も、同程度です。
5月銘柄にしては安定しているなーと思っていて、来年も取得したいと思っています。


優待券は、100株で同社の店舗で使用できるお買物券1500円分か、お米券3枚、あるいはカタログ優待(300株)になっていますが、ここは店舗にも行けるので、いつもお買物券にしています。

く5.jpg




さて、ドラッグストア業界は、先週のくすりのアオキHD(3549)でも書いた通り、業績は堅調で、拡大やM&Aが盛んで、食料品や総菜などスーパー分野に進出しているといった内容が共通で、ここも書くことはないだろうなと思っていたんですよ。

く6.jpg




そしたら、先週2日に、第一四半期の増収減益決算を発表したところで、3000円近かった株価は翌日10%程度急落、以降も2700円程度をいったりきたりですね。


同社は神奈川県発祥で、関東南部から中京にかけて展開している業界内では10位程度の中堅ですが、最近はあまりないのですが、数年前にM&Aを駆使して規模を拡大しています。

く1.jpg



業績も順調なんですよね・・昨年度までは、売上や利益もきれいな右肩上がりです。。

く3.jpg



なので、株価も堅調に上がっています。
当方が初めてクロスしたのは、2年前の5月でしたが、その時は、100株で1700円程度、今は急落したとはいえ2700円です。配当も年々増配してきています。

く2.jpg



当方は店舗が近くにないので購入してまでもなーと思っていたんですが、今年になって、株購入して行きだしているトーホー(8142)の店舗の近くに出店しているのを発見しまして、それ以降は少し気になっていましたけど、株価高いなーと思っていたんですよね。


今回のIRで増収減益の発表をしましたけど、要因は人員不足等対応のための人件費増だそうです。
最近都内での出店が増えているので、これは構造的な問題かもしれません。

なので、同社は今期見込みを訂正しませんでしたけど、進捗率は22%だそうなんで、今後、下方修正の可能性もあるかと思います。


現株価だと、PER約17倍、PBR約2.7倍、配当は年間34円で、配当優待利回りは2%も行っていませんので、魅力少ないんですよね。
なので、もう少し、例えば、第二四半期の状況も同じで下方修正し、さらに株価が2000円近くまで下げれば、買えるかなと思っています。


今後はもっと注意して株価見ていこうかと思っています。
まあ、近くの店舗がなくなればまた興味なくなるかもしれないんですけどね・・

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

この1か月で急に見直された第一カッター興業 [株式投資]

第一カッター興業(1716)は、今年6月に50周年記念優待を発表した企業でして、賃借銘柄だったこともあり、まずはクロスしてみようと思ってクロスしました。

権利が6月末ということで、発表後短期間だったからか逆日歩は60円で、それでクオカード2000円が届きました。

か1.jpg



と、まあ、ここまではうまく行ったんですけど・・


9月になって株主通信とか見て、ここの株購入を検討しようかと思っていたところ、先月の中旬になって東証二部に昇格することが決まったあとに、急騰していました~(泣)


この企業は企業名にあるとおり、主に建設工事におけるアスファルトやコンクリートの解体・撤去に必要不可欠な切断工事をメインとする会社でして、こうした企業内容はニッチ産業であることから、大手が参入しにくいとのことです。

か3.jpg



実際に創立50周年ですから、かなり安定的な産業かと思えますよね。

同社は多角化も図っており、ビルメンテナンスやOA機器やスマホのリユース・リサイクル事業もやっています。

か4.jpg

か5.jpg



ただ、これらの事業規模がどの程度か開示していないんですよね。
なので、こうした多角化事業の規模は大したことないのではないかと想像しますね。

それで、業績的には、ここは6月決算なのですが、前期は減収・減益でした。

か2.jpg



さらに、同社IR資料によると今期も減収減益でしかも減配予想なんですよね。
どうも、人件費や設備投資にお金がかかるとのことらしいんですが、それにしては東証二部昇格という出来事があったとはいえ、この約1か月で、1200円から1600円まで上がっています。


それはやはり指標が割安だからなんではと思います。
昨日の株価1563円でも、PERは約11倍、PBRは約0.8倍、ただ、配当は年間12円で利回りは0.77%というのが残念ですが。

結局、東証二部上場の発表があって、それを機にその割安性で見直されて、急騰したんでしょう。


当方は、この急騰を知らないでいまして、まあ、今回のブログを書くために株価を見始めたら高くなっていたというところでして。。。時すでに遅しって感じでした・・・。


とはいえ、

・前期の記念優待(クオカード2000円)を今後も継続するかもしれない。
(その場合の配当優待利回りは2%になります)

・1部昇格の可能性がある。

・今後の国内インフラの更新需要を考えると市場は拡大していく可能性

を考えると、ぜひ買いたいなーと。
今後、株価を注視しながら指値注文をする予定です・・が、果たしてうまく買えるかな~?


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

突然、大型増資発表したゲンキーの久しぶりの優待 [株式投資]

6月権利のゲンキー(2772)の優待が到着したので、優待品を選択しようと思っていたら、火曜日にいきなり、増資発表がありまして、公募に応募しようかどうか考えてしまいました。


同社は2年前に初めて購入したのち、昨年売ったんですが、その後、分割するは、株価がかなり高くなるはで、今でも持っていたら倍以上の利益をもたらしていた・・という当方にとっては残念な銘柄です。。。

とはいえ、優待は魅力があるんで、気にはしていまして、今年の6月に制度クロス(逆日歩0円)で久しぶりに取得しました。

げ3.jpg



今回の優待は、昨年の優待とはほとんど変わっていませんでしたけど、昨年まであった店舗での割引券(1000円毎に使える100円券×50枚=5000円分)がなくなっています。

げ1.jpg



なんでですかね。あんまりニーズがないのか、あるいは使われて過ぎているのか(同社は「安さ」を追求していますからね~、提示価格以上の値引きは避けたいのかもしれません。)


まあ、家の近くにはないので影響はないんですが、利用していた方にとっては結構つらいのかなと思います。
当方は、トーホー(8142)の同じ優待を結構重宝していて、しっかりお得感を感じながら使っているんで気持ちはわかるんですよね・・



さて、そんな同社ですが、火曜日の増資には正直、驚きました。
株数の約10%に当たる140万株の増資でして、調達資金はMAX64億円だそうです。

http://genky.co.jp/corporation/ir.php


公募で調達した資金のうち、44億円は新規出店費用で使用し、残りは長期借入金の返済に回すとのことです。

同社は自己資本比率30%ないのを気にしていて、それで融資ではなく増資にしたんですかね。まあ仕方ないのかもしれませんけど・・


計算すると、1株約4500円で売りたいということなんですが、さっそく、この暴挙(?)に対して、昨日は暴落しまして、今日の株価も4640円でした。
とはいえ、希薄化分の10%ほどまで下げていないのは、同社に期待する投資家が多いのかもしれません。


実際、同社の業績は好調なんですよね。既存店は前年を上回っているし、出店も積極的に行っていて順調らしいですし・・。

げ2.jpg



まあ、同社の地盤の北陸や中部の状況がわからないんで、今回の増資による、さらなる積極展開がうまく行くのかどうか、わからないんですけど、、、昨年売却した際の悔しい思いがあったので、この増資に応募するか、実施後の株価がうだうだするであろう時期を見ながら投資するか、ちょっと注意したいと思っています。


PERは約20倍、PBRは約4倍(増資前)、配当利回りは約0.4%で、優待3000円相当×年2回あっても2%行ってないので、とても利回り的には買えないんですが・・・今回がいい機会かなと思ってしまっていて。

ただ、1つ気になるのは、同時に社長が50000株(約2億円以上)を売り出すんですよね。
公募増資に隠れていますが、これも同社の成長に使用されるんであればいいんですけど。


ということで、ここへの投資については、まずは公募増資価格を見て考えたいと思います。

そのため、増資価格決定時期(9月20日から25日の間)までには、しっかり下落してほしいなー(笑)と祈っているところです・・・



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

何が何だかよくわからないラクトジャパン [株式投資]

5月優待銘柄のラクトジャパン(3139)は11月決算なんですが、優待は中間期の5月のみという銘柄でして、初めて制度クロスで取得しましたが、その優待が届きましたのでアップしておきます。

優待はクオカード1000円でして、写真のとおりオリジナルカードです。

ら1.jpg



同社を5月にクロスした際の逆日歩は100円と低かったんでよかったんですが、手数料も含めると利益は500円もありませんでした。
まあ、この企業に投資を考えるためにクロスしたんですよね。


そういうことで届いた株主通信やネット情報を見たんですが・・この会社ってよくわかりませんでした。

まずは、会社そのものです。

事業内容は、「乳製品の輸入を中心とする食品専門商社」ということでして、それはそれでわかるんですが、設立が1998年と若い割には、ここの株主に大企業がなく、個人大株主が数人いるだけなんですよね。
当初の資本金が2千万ちょっとで設立しているんで、その人たちが設立者なんでしょうか?


乳製品なんで取引先なんでしょう、明治や森永、よつ葉乳業なんかも株主に名前を連ねていますけどとても低い保有割合です。

ら3.jpg



大企業の支援もなさそうな資本金2千万の会社がどうやってここまで成長してきたのか?
乳製品の輸入って規制が厳しいんで、参入障壁があるとかそういうことかも・・・。
同社は設立2年後に農林水産省の外郭団体の指定輸入商社になっていますが、そうしたことが関係しているんでしょうか?


その割には、売上や利益はバラバラな感じです。

ら2.jpg


まあ、当方の推測は全く違っているかもしれませんが・・



それと、ここって、この半年で株価が倍になっているんですよね。2000円程度だったのが、4000円を超えるまでになりました。まあ、直近は4000円割っていますけど・・

ここは2年前の8月に東証2部に上場したんですが、今年の1月頃まで2000円も行ってなかったんですよね。

現在の株価でPERは約14倍、PBRは約1.5倍、配当は年33円で、利回りは1%も行っていません。優待1000円入れてもせいぜい1%程度ですから、まあ、半年前の2000円程度の株価なら指標的に安いので、見直されただけってことかもしれませんが、よくわからないんですよね。

東証1部に先週末の8日に昇格したんですが、それだけではこの間の暴騰の理由には乏しいかと思いますし。。


そんなこんなでよくわからない企業だということがよくわかっただけでもよかったかもしれません。
なかなかこういうわかりにくい企業に手を出すのは難しいかなと思っています。
(そこまで各社の分析をして投資をしているわけではないんで・・)

とはいえ、来年5月のクロス検討する際には、この企業をまた見ようと思うので、その際にまた考えてみますかね。って気持ちですね・・・。


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:

2年ぶり取得のくら寿司はクレカが使用可能に [株式投資]

4月優待銘柄のくらコーポ(2695)は2年ぶりに優待を取得しました。
逆日歩は6900円!MAXではなかったものの手数料含めれば7500円位かかっており、優待は2500円の食事券ですから、、、回転寿司ではない、例えば「すしざんまい」で自腹で食べるような感じになっております・・・(泣)

くら1.jpg



くら寿司には、昨年7月以来行っていなく、食べに行ってからアップしようと夏休みに行くつもりでいたんですけどやはり混んでいて、かなり待つので断念しました。。。


さて、久しぶりに株主通信を読みましたけど、業績は順調ですね~。
きれいな右肩上がりです。

くら3.jpg



国内店舗も着実に増やしておりますし、アメリカのテキサスといった中南部にも店舗を積極展開しています。

くら5.jpg




個人的見解として、ここの何がすごいかというと、少なくとも昨年1年間は閉店がないんですよね。
(1店舗のみ移転のため閉店)

くら4.jpg



これだけ回転寿司が多くなっているのに、閉店なしっていうのはすごいと思います。
コロワイドのカッパ寿司なんか閉店してばっか~

※以前アップした、渋谷のコロワイドの優待を使用できる「カッパ寿司 鮨の場」が5月末で閉店したんですよ。
なので、コロワイド優待で寿司が食べれなくなってしまったのです・・((;´д`)トホホ



そんな好調なくら寿司ですが、クレジットカードを今年の4月から取り扱うようになったんだそうです。
結構びっくりしまして、今時、外食でクレカが使用できないところあったんだと・・・

くら2.jpg



当方的には優待使用しか行っていなく、当然、残金は現金でしたから気にすることもなく知りませんでした。
それで、調べてみると、回転寿司業界では現金のみが多かったらしくは、カッパ寿司もコロワイド系列になってからクレカの取り扱いを始めたそうです。

ただ、これで大手は全部クレカを導入したようですね。

それと楽天ポイントの導入も決めたようで、これはTポイントとかと比較したんでしょうね。
やっぱり楽天の方が維持管理コストなどが安いからかなと思っているんですが、合っていますかね?



株価も好調ですね。もう最高株価の6000円近くになっています。
PERは25倍なんで、まあ許容範囲ですが、配当優待利回りは100株では配当2000円、優待2500円ですから、1%も行っていないので、とても今から買えるものではありません。


くら寿司のライバルである、ゼンショー(7550)の「はま寿司」や再上場した「スシロー」(3563)には行ったことがなく、3社の比較ができないんですが、シャリカレーやシャリコーラ、冷やし担々麺(写真)などの新商品も相次ぎ、

くら6.jpg


ファミレス化するくら寿司の優位性はあると思っていますので、今後も成長するのではないかと思っているんですけどね~。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

買収防止で大規模増資に踏み切ったアインHD [株式投資]

4月決算銘柄のアインHD(9627)は保有はしていないものの、昨年、今年と連続でクロスで取得しており、当方にとっては、まあ、気に入ってる銘柄なんですよね。
一般信用でクロスして、優待は同社の店舗で使用できる金券2000円です。

アイン1.jpg

アイン2.jpg




同社は薬局を中心に全国展開しているドラッグストアなんですが、ドラッグストア業界共通のことですが、株価が高くて、PERは30倍超えており、しかも昨年5000円程度だったのが、今は8000円を超える上昇しており、ちょっと投資するのはなーという銘柄です。


ドラッグストア業界はだいたい株主優待をやっていますので、株購入も視野にいれるんですが、だいたい、どこもPERが高くて、配当優待利回り的には魅力が低いんですよね。
当方がアップした中でPERが低いのは、先日アップしたサツドラHD(3544)の約18倍くらいでしょうか。。。


さて、この業界の複数の銘柄をすでにアップしていますが、多くの企業はM&Aに注力しています。
このアインHDも同様ですね。下の通り、売り上げは伸びていますけど、これもM&Aのおかげだそうです。

アイン5.jpg




まあ、薬剤単価は減っているとはいえ、立地さえよければ確実に儲かるし、さらに薬剤師の確保が厳しい中では、人材も一緒に得られるM&Aに注力する理由もわかりますけど。

ただ、ここは、薬局中心できたので、いわゆる普通のドラッグストアの展開は遅れてきているんです。



売上構成から見ると、薬局事業に比べ、物販事業は10分の1程度でして、ここに注力したいのもわかります。

アイン3.jpg



そんな同社が積極的に首都圏に展開しているのが、「アインズ&トルぺ」なんです。

今年オープンした新宿京王百貨店の2階にある店に行ってきましたけど、ここって、いわゆるドラッグストアというよりも化粧品コーナーって感じなんですよね。

20170823_211613.jpg




こんなんで高収益なのかどうかよくわからないんですが、声をかけてもらってデパートの中に出店したらしいですので、それなりに魅力ある形態の店舗なんでしょう。
池袋西武や丸井にもありますし、今月9日には小田急町田にも開店しました。

アイン4.jpg



一緒に行って優待を使用した妻に言わせると、明るいし見やすいし品揃えもいいというので、結構いい印象を持っていました。


まあ、この手法がうまくいけばいいなと思いますけど、どうしてもこの店舗が高収益だと思えなくて、業績にどう貢献するのかよくわからないんですよね。
ただ、株価はPER30倍なんで市場の評価は高いしなーということですよね~~・?



なお、同社は業界的には一桁後半の順位でして、かえって上位企業から買収される可能性もあるかもしれません。

そんなことを思っていたら、一昨日に大規模増資を発表しました。
新規出店展開とともに買収防止策も兼ねているようです。

発行済み株式数の11%に及ぶ増資で最大300億円程度の資金を調達する予定ですので、昨日は株価が暴落しましたけど、それでも5%強の下げに留まったのは期待も大きいからでしょうね。。

第三者割当増資先はセブン&アイHDだそうで、ウエルシア(3141)がイオン系ですからここはセブン系になることに。。

それで、公募価格は来月下旬に決まるようですが、買ってもいいなーとも思うんですけど・・8000円近い価格になるでしょうからやっぱ高いなーと。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

クリレスの新業態は次の磯丸水産になるか [株式投資]

クリエイトレストランツHD(3387)傘下のSFPHD(3198)が新業態として展開を始めているとの店舗に初めて行ってきました。

新宿駅西口から徒歩3分にある、「餃子製造販売店 トラ五郎」で、もちろん優待が使用できます。

20170819_180821.jpg



この店舗は今年3月にオープンしたんですが、その前は磯丸水産でした。
当方もここでランチを食べたことがありまして、それがこの餃子屋になるとは・・全然想像していなく。


コンセプトは、店の名前になっているとおりなんですが、餃子を中心とした居酒屋なんですよ。
いわゆる普通の中華店、例えば、餃子の王将などとどこが違うのかというと、メニューも含めて、食事系が中心ではないということとアルコールの種類が多いと言うことにつきるかと。


メニュー見ましたが、餃子だけでなく、揚げ物など中心に一品料理があるのとラーメンがあります。

20170819_181011.jpg

20170819_180942.jpg



ちょっと時間かけずに試しに行ってみたんですがそれでよかったようです。
店舗内も磯丸水産と同じレイアウトだと思いますが席が狭く、ゆっくり時間を過ごすと言うよりもさっと食べて飲んで出るっといったセンベロ系の店でした。

20170819_180849.jpg

20170819_180909.jpg



肝心の味ですが、看板の「トラ餃子」は普通の餃子で、大阪王将の餃子だと言われてもそうだろうと思う、そういう一般的な味でした、。
もちろん、まずいわけではありません。

20170819_181050.jpg



当方的には、追加で頼んだ「葱ポン水餃子」の方が旨かったですね。

20170819_181102.jpg



さて、この餃子居酒屋、既にこの店を含めて3店舗開店したそうです。
これは現時点では成功しているとの判断でしょうね。


店の様子を見ていましたけど、平日の夜ですが席もほぼ満席でして、思ったよりも、2-3人の客がメインで、しかも回転が速いんです。
平日の夜だからかもしれませんが、1時間もいないかもしれません。

客単価が一人2000円程度想定らしく、値段も安い方ですし、磯丸水産と同様、24時間営業していて、何より餃子というのが「なんかちょっと食っていくか~」的な軽い感じでいいんではないかと。

行った感覚としては、これはこれでマーケットがありそうだなと。そんな感じになりました。
ランチは餃子定食やお弁当も販売しているようですし。。

20170819_181032.jpg



クリレスとしては、磯丸水産の既存店売上げが100%切っている状況からすれば、繁華街に複数ある磯丸水産をこの餃子居酒屋に転換していき、売上げを伸ばしていくとの戦略なんでしょうけど、今の時点ではこれはいい方向かと思います。



もうすぐ8月中間の権利時期になるクリレスへの投資を考えるにあたって、今回の探訪はよかったです。
買い増しこそしないですけど、今持っているクリレス600株とSFP100株はまだ当分持つことにしました。


ここが流行るかどうか?ご興味ある方におかれては、一度トラ五郎に行かれてみるのもいいのではないでしょうか?
まだ、新宿と上野と尼崎(兵庫)の3店舗しかないんですけど。

もしかしたら、磯丸水産のように大化け?するかも~~です。

20170819_180753.jpg
優待は普通に使えます


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の10件 | - 株式投資 ブログトップ